老人ホームの種類と利点|介護付有料老人ホームで快適な老後ライフを送ろう

介護付有料老人ホーム以外の老人ホームを知ろう

老人ホームの種類と利点

女の人

老人ホームの種類

老人ホームは様々な種類があります。広島市では高齢者施設の増加や施設の整備などのプランが進んでおり、介護付有料老人ホーム以外にも住宅型、グループホームといった施設の設立に力を入れています。

負担額が少ない

住宅型も介護付きの老人ホームも介護保険の適応が可能です。介護付有料老人ホームの費用は日割り計算の1割自己負担になり、住宅型の場合は上限額までは1割自己負担で上限額以降は全額負担となっています。

人気介護施設ランキング

no.1

介護付有料老人ホーム

人気介護施設で1位の介護付有料老人ホームでは、要介護度が5の方でも入居することが出来る施設になっています。介護職員は勿論、看護職員も常駐しているため安全管理は徹底しています。この高い安全管理が1位に選ばれた理由になっています。

no.2

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは人気ランキングでは2位ですが、施設の設備や暮らしの質という部分では人気が高いです。介護サービスが別途契約になってしまうため、ランキングでは惜しくも2位になってしまたのです。

no.3

グループホーム

グループホームは認知症予防の為に機能訓練などを行なっており、様々なレクリエーションを楽しむことが出来るという部分が評価されランキングで3位に選ばれています。医療設備が上位の二つに比べて少ないのが若干人気を落としている原因ですが、多くの利用者から評価されています。

no.4

特別養護老人ホーム

特養と呼ばれる特別養護老人ホームですが、ランキング4位の理由として入居待機者の多さが挙げられています。施設によって300人以上の待機者がいることもあるのです。特養のメリットとしては費用が安く、入居一時金が不要という部分があります。

no.5

介護老人保健施設

人気介護施設ランキング5位の介護老人保健施設は老健と呼ばれる事が多く、リハビリをメインに行なう介護施設になっています。部屋は基本的に相部屋になっており、プライベートが確保出来ないという部分がランキング5位に選ばれた理由になっています。